3,300円(税込)以上お買い上げで全国どこでも送料無料!

カテゴリ

2021.05.25

肌はタンパク質でできている!? タンパク質を意識して美肌を目指そう

Beauty Column

食事している女性 食事している女性

ヒトの身体の約20%はタンパク質でできています。
20%というとなんとなく少なく感じるかもしれませんが、身体の約60%は水分なので、その残り40%のうち約半分がタンパク質だというと多く感じますよね。
実は美肌に重要なコラーゲンもタンパク質の1種。
タンパク質をきちんと摂取することは美しい肌づくりに重要です!
今回はタンパク質について解説します。


■タンパク質って何?

考えている女性

タンパク質は糖質、脂質とならんでエネルギー産生に必要とされる三大栄養素の1つです。

肌はもちろん、髪や爪、筋肉や内臓などもタンパク質からつくられています。
それだけでなく、酵素やホルモンとして代謝を調整する働きもあります。
とても重要なタンパク質ですが、体内で合成できないため食事などから摂取しなければなりません。

1日に摂取すべきタンパク質の量は男性で約60g、女性で約50gとされています。

意識して摂取しないと必要量を満たすのはなかなか難しいもの。
タンパク質は美肌だけでなく、生命を維持するために重要な栄養素です。
そのため、生命を維持するために重要な部位から優先して届けられるため、不足してしまうと肌や髪、爪などは後回しにされてしまい、タンパク質不足となってしまいます。
そのため、美肌づくりを意識するのであれば、十分な量のタンパク質を摂取しなければなりません。

■タンパク質は何からとればいい?

タンパク質の種類イメージ

タンパク質が多く含まれる食材は乳製品・たまご・肉・魚・大豆類の5つが有名です。

乳製品やたまご、肉、魚に含まれる動物性タンパク質は筋肉づくりに欠かせないアミノ酸などの含有量が高いといわれます。
一方、大豆類に含まれる植物性タンパク質は脂質の含有量が少ない上、脂肪燃焼効果も高いといわれています。
また、大豆類には美容に効果が高いとされる大豆イソフラボンやポリフェノール、食物繊維なども豊富に含まれます。

動物性たんぱく質・植物性タンパク質ともにメリットがあるので、単一の食材からではなく、いろいろな食材から摂取するのがおすすめです。

■タンパク質は糖質と同時に摂取すると効果的

食事を始めようとする女性

タンパク質を摂取して体内ですべてタンパク質として働くわけではなく、一部がエネルギーとして使われてしまいます。
糖質と同時に摂取すると糖質が優先的にエネルギーとして活用されるため、タンパク質は 筋肉や内臓、肌など身体を構成するタンパク質として使われます。

そのため、タンパク質を摂取するときはご飯やパンなどの主食もあわせて摂取することが重要です。

食事はバランスが重要です!
「タンパク質を摂取しなきゃ」とタンパク質のことばかりでなく、農林水産省が作成している“食事バランスガイド”を参考にバランスもあわせて考えてくださいね!

食事バランスガイド

■ライター

小林未佳

関西学院大学理学部卒業後、化粧品メーカーにおいて研究・開発に従事。
その後、化粧品の商品企画・マーケティングへと転身。
2018年、これまで培った化粧品や美容の知識を発信するべく、ライターとして独立。
All About Beauty 公式ガイド。

小林未佳

お気に入りに追加する