HOW TO APPLY ご使用方法

スキンケアコンシーラー

コンシーラーは、肌トラブルをカバーしたり立体感を演出できるアイテム。
顔の印象が大きく変わります。積極的に取り入れて、キレイレベルをアップさせましょう。

    • 01 ナチュラルベージュ

      シミ・そばかすカバー効果

    • 02 ハイライトピンク

      ほうれい線・マリオネットラインの光によるカモフラージュ効果
      ハイライト効果

    • 03 オレンジベージュ

      クマのカバー効果

    • 04 ナチュラルコーラル

      くすみ消し効果
      ハリ&血色感アップ効果

使用量の目安

2~3mm繰り出して、直接肌に塗布します。

スキンケア
コンシーラー01

広い範囲のシミ

①広い範囲のシミの部位には、コンシーラーで何本か線を引くように塗布します。

②指の腹でやさしくコンシーラー同士の線の境をぼかしながら、ファンデーションに密着させます。

③同じように、指の腹でコンシーラーとファンデーションの境を優しくなじませます。


小さなシミ

①小さなシミは、シミの部位に直接のせてカバーします。シミがまだ薄っすら見えるときは、もう一度重ねづけします。

②指の腹でコンシーラーとファンデーションの境を優しくなじませます。

スキンケア
コンシーラー02

気になる箇所に塗布して、指の腹でなじませてください。


〔目頭〕 ぬけ感と明るさを演出

左右両方の目頭を「く」の字で囲うようにつけます。光を中央に集めます。


〔鼻の頭〕 立体感を演出

鼻の頭に置きます。


〔ほうれい線の始点〕 若々しい印象に

ほうれい線の始まりを光で飛ばします。


〔口角〕 上向きの印象に

下がり気味の口角を光で飛ばします。


スキンケア
コンシーラー03

〔上まぶた〕点置き

手の甲に一旦つけて、指先でなじませます。
指の腹でコンシーラーとファンデーションの境をなじませながら、肌に密着させます。


〔下まぶた〕点置き

4ヵ所に点置きしたら、逆三角形をイメージしてトントンと指の腹でなじませます。コンシーラーとファンデーションの境をなじませながら、肌に密着させます。


スキンケア
コンシーラー04

〔まぶた〕 ハリのある目もとに

まぶたのくぼみにポンと1回おいて、ぼかします。


〔頬〕 血色&立体感アップ

頬骨が高くなっている黒目の下の外側からスタート。こめかみに向かって4カ所に点置きして、下に向かってぼかします。

USED ITEM 使用アイテム

RELATED ITEM 関連商品